勉強法 英語

中学1年生の英語の学習内容をまとめた「英語のまとめプロノート」の最終回(4回目)です。最後は命令文、canの文、過去形の文です。いずれの文も語順に大きな違いはなく、そう思えるとわりと英語は簡単になります。

勉強法 英語

中学1年生の英語の学習内容をまとめた「英語のまとめプロノート」の3回目です。内容は、名詞、現在進行形、前置詞です。名詞は冠詞をつけること。現在進行形は「be+動詞のing形」でbe動詞を忘れないこと。前置詞は出続けるのでまとめて覚えてしまうこと。この3つについて整理をしました。

勉強法 英語

「英語で困っている中学生」、そして「そのような生徒を指導している指導者」向けの整理ページです。中学1年生で学ぶ「文の種類」、超重要な「代名詞」、最初に苦戦をする「3単元のS」についてまとめた手書きノートを元に整理をしています。

受験 英語

英語で困っている中学生向け、そしてそのような生徒を指導している指導者向けの整理ページです。英語を完全なる暗記教科だと思うと、一瞬で崩壊してしまいます。英語は暗記教科ではありません!内容はbe動詞、一般動詞、名詞、形容詞、副詞についてです。

成功 教育

「勉強ができるようになりたいけど、自分には勉強の才能がないかも」と思ったら負けかもです。長年、受験指導をしている中で、才能のおかげで成功したという例は見たことがありません。大切なのは才能よりも練習量だと思います。

成功 教育

持って生まれた才能ってあるのでしょうか。生まれながらにして持っている、人より秀でた能力、才能とかセンスとか素質とか、そういうものってあるような気がします。けれども、それに対して「探したけど見つけられなかった」という調査結果があるんです。

受験 成功

大学受験では真面目な生徒がよく失敗に終わります。原因は「言われたことをすべてしよう」と思ってしまうからです。言われたことをやるというのは思考の停止です。こうなると、成功への戦略を練ることができなくなってしまいます。

勉強法 受験

英語で苦戦する大きな原因は「語順」です。実は、日本語には「語順」という概念がなく、そのために英語ととても相性が悪いのです。ここでは、語順のイメージを持ってもらうために「英語を箱で考える」ことを紹介してみます。

受験 成功 教育

文章を読み取るというのは、筆者の主張(イイタイコト)が分かるということです。では、どうすれば筆者の主張を読み取れるのでしょうか。結論から言うと、筆者が自分の考えを説明するために用いている論理(ロジック)を把握することです。

勉強法 受験 教育

読解力を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか。読解力というのは国語の教科に関係していそうですが、実は学習塾で国語の授業を受けるだけでは身につきません。なぜなら、読解力の根幹を担っているのは「語彙力」だからです。語彙力を鍛えることこそ、読解力を得る正攻法であり、最短ルートなのです。