勉強法に関する記事一覧


勉強法 英語

中学1年生の英語の学習内容をまとめた「英語のまとめプロノート」の最終回(4回目)です。最後は命令文、canの文、過去形の文です。いずれの文も語順に大きな違いはなく、そう思えるとわりと英語は簡単になります。

勉強法 英語

中学1年生の英語の学習内容をまとめた「英語のまとめプロノート」の3回目です。内容は、名詞、現在進行形、前置詞です。名詞は冠詞をつけること。現在進行形は「be+動詞のing形」でbe動詞を忘れないこと。前置詞は出続けるのでまとめて覚えてしまうこと。この3つについて整理をしました。

勉強法 英語

「英語で困っている中学生」、そして「そのような生徒を指導している指導者」向けの整理ページです。中学1年生で学ぶ「文の種類」、超重要な「代名詞」、最初に苦戦をする「3単元のS」についてまとめた手書きノートを元に整理をしています。

勉強法 受験

英語で苦戦する大きな原因は「語順」です。実は、日本語には「語順」という概念がなく、そのために英語ととても相性が悪いのです。ここでは、語順のイメージを持ってもらうために「英語を箱で考える」ことを紹介してみます。

勉強法 受験 教育

読解力を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか。読解力というのは国語の教科に関係していそうですが、実は学習塾で国語の授業を受けるだけでは身につきません。なぜなら、読解力の根幹を担っているのは「語彙力」だからです。語彙力を鍛えることこそ、読解力を得る正攻法であり、最短ルートなのです。

勉強法 教育

国語でよく出てくる「読解力」とは、そもそも何なの?結論から言うと、国語の問題を解くために必要な両翼「読解力」と「記述力」の片翼で、「論理把握」と「語彙力」の2つの力を合わせて「読解力」と呼んでいます。この記事ではこれらの力を簡単に説明していきます。

勉強法 教育

子どもの勉強、特に算数を見ていて「もっと考えてほしい」と思ったとき、どうしたらいいのでしょうか。ここでは、僕が実践している子どもの思考力を鍛える方法「絵を描いて解く方法」を紹介しています。絵を描くことで、問題が把握でき、思考の準備が整います。そしてそれを繰り返すことで情報整理能力が向上していきます!

勉強法 教育

思考するときにノートは欠かせません。なぜなら、ノートは脳が苦手とする記憶の能力を補っているからです。ノートに書くことなく考えようとしても、それは思考停止を招くだけです。

勉強法 受験

受験生が放ったらかしてしまっている、でも実はこの上なく大切なこと。それは、「解ける問題」を確実に解けるようにすること。「解ける問題」を放っておいて、「解くのが難しい問題」を一生懸命に勉強しても、勝負は厳しく、良い結果は得られません。

勉強法 受験

多くの大学受験生が陥る罠、それは勉強したことが3か月しかもたないこと。この罠にかかる理由は、受験勉強の本質を理解していないからです。本質を理解して、対策を立てることで回避をしましょう。でないと、受験での成功が不可能になってしまいます。